インテル&AMDのCPUを徹底比較!


スポンサードリンク

Core 2 Duo


Core 2 Duo【コアツーデュオ】
Intel Core2 Extreme X6800 2.93GHz Box作動クロック:1.86〜2.66GHz
FSB:1066MHz
TDP:65W
L2容量:2MB×2

総合性能★★★★
省電力★★★★
安定性★★★
コストパフォーマンス★★★
自己満足度★★★★★

特徴
消費電力当たりの性能は非常に高く全製品がデュアルコアで
キャッシュメモリは共有され効率良いマネジメントが可能
キャッシュの速度は超高速
32Bit命令を最大4つまで処理可能なCPU
しかし、64Bit命令の処理速度はそれほどではない
クロックの向上は難しい構造だが
1クロック当たりの処理速度を高めたチューニングを施している

価格と性能のバランスが優れた「E6600」が売れ筋

シングルコアのローエンドモデル
「Pentium E」も登場予定

Athlon 64 X2


Athlon 64 X2【アスロンシックスティフォーエックスツー】
AMD ADA5000CSBOX Athlon64X2 5000+ BOX作動クロック:2.0〜2.4GHz
FSB:1000MHz
TDP:65〜110W
L2容量:512KB×2/1MB×2

総合性能★★★★
省電力★★★
安定性★★★★
コストパフォーマンス★★★★
自己満足度★★★★

特徴
Athlon 64相当のコアを二つ搭載するデュアルコアプロセッサ
低消費電力でクロック当たりの性能も高いが
Core2シリーズと比べるとピーク時の消費電力は大きい
Athlon 64の基本設計は
サーバーワークステーション向けのOpteronと共通で
当初からの64Bit命令に対応し、デュアルコア化も想定されていた
X2の登場当初はAthlon 64の上位モデルという位置づけだったが
Core2の登場に合わせて一気に価格改正が行われている

現在Socket939用とSocketAM2用があるが
近い将来、全製品がSocketAM2に移行

Pentium D


Pentium D【ペンディアムディー】
PentiumD915 LGA775 FSB800 L2=2MB NonVT Intel BX80553915動作クック:2.8GHz〜3.6GHz
FSB:800MHz
TDP:65W
L2容量:2MB×2

総合性能★★★★
省電力★
安定性★★★
コストパフォーマンス★★★★★
自己満足度★★★

特徴
Pentium4と同じNetBurst系のコアを一つのCPUに二つ収めたデュアルコアCPU
現行PentiumDは第二世代のコアであるPresierに移行しており
Smithfieldから大幅にTDPが減少しL2容量も拡張された
本来がシングルコアであるPentium4のコアを流用した
即席デュアルコアといえる構造ですがクロックの高さはかなりのものである
64bit命令は実はCore2より高速
Core2シリーズ登場により値下傾向にあるため、コストパフォーマンスが高い